暮らしの道しるべ
 

年金


社会保険庁
社会保険庁
国民年金
国民年金
年金見込み額試算
年金見込み額試算
国民年金前納割引制度
国民年金前納割引制度
年金を増やす方法
年金を増やす方法
社会保険庁のHPです。

年金制度のしくみ
公的年金制度の役割
今後の年金制度改革について
国民年金の被保険者
保険料(国民年金1号被保険者)
保険料の納め方
保険料の免除等
厚生年金の加入と保険料
被保険者と適用事業所
国民年金について解説
公的年金の必要性
・ やがて必ず訪れる老後の収入確保の必要性
・ 我々が直面する3つのリスク(不確定要因)
・ 個人のレベルで老後の所得保障が可能か?
・ 自分の貯蓄だけでの対応の限界
・ 子どもからの扶養での対応の限界
公的年金の役割
・ 社会連帯と自助努力による社会保険
・ 世代間扶養による世代を超えた支え合い
このサービスは、あなたの年金額を簡易に試算するものです。
ただし、試算結果は将来の年金額を保証するものではありません。
また、試算の対象は、社会保険庁がお支払いする老齢基礎年金及び、老齢厚生年金の年金額です。 このシステムをご利用いただくにあたっては、次のような前提条件があります。
1.簡易試算を行う時点で、60歳未満の方がご利用いただけます。
2.年金額は、60歳到達月に退職しているものとして計算します。
3.なお、一部制度変更に対応していない部分(総報酬制度、国民年金保険料の一部免除制度等)があります。
知ってました?
1年度分の保険料を現金で前納すると「3,120円」の割引。さらに、口座振替で前納すると割引額が「570円」アップして「3,690円」の割引!
※6か月前納の場合
6か月分を現金で前納すると「710円」の割引。(年間割引額「1,420円」(710円×2回))さらに、口座振替で前納すると割引額が「290円」アップして「1,000円」の割引!(年間割引額「2,000円」(1,000円×2回))
年金を増やす方法があります。
1. ちょっと増やせる 付加年金
2. 選んで増やせる 国民年金基金
3. 60歳から増やせる 任意加入
について説明しています。
1.の付加年金は、 第1号被保険者・任意加入被保険者が定額保険料に付加保険料をプラスして納付すると、老齢基礎年金に付加年金が上乗せされます。
付加保険料は、月額400円です。
付加年金の受給額は、200円×付加保険料納付月数です。
厚労省・年金情報
厚労省・年金情報
確定拠出年金制度
確定拠出年金制度
企業年金制度
企業年金制度
企業年金連合会
企業年金連合会
年金記録問題
年金記録問題
年金財政ホームページ
公的年金制度の概要
厚生年金・国民年金の財政
公的年金各制度の財政状況
厚生年金・国民年金の積立金運用
平成21年財政検証結果等
企業年金制度等
適格退職年金の移行促進について
社会保障協定
公的年金制度の概要
日本の公的年金制度の仕組みを説明します。
年金制度の体系
被保険者(加入者)の種類と保険料
わが国の公的年金の特徴
公的年金の給付の種類
確定拠出年金は、拠出された掛金が個人ごとに明確に区分され、掛金とその運用収益との合計額をもとに年金給付額が決定される年金制度です。
厚生年金基金や適格退職年金等の企業年金制度等は、給付額が約束されるという特徴がありますが、従来、以下のような問題点が指摘されていたことから、平成13年10月に公的年金に上乗せされる部分における新たな選択肢として確定拠出年金が導入されました。
(1) 現行の企業年金制度は中小零細企業や自営業者に十分普及していない。
(2) 離転職時の年金資産の持ち運びが十分確保されておらず、労働移動への対応が困難。
企業年金制度及び自営業者を対象とする国民年金基金制度は、公的年金を補完し、より豊かな老後生活に備えることを目的とするものです。我が国の企業年金制度には、厚生年金基金制度、確定給付企業年金制度、確定拠出年金制度等があります。
厚生年金基金制度
厚生年金基金制度は、我が国の企業年金の中核をなす制度であり、国の老齢厚生年金の一部を国に代わって支給するとともに、企業の実情に応じて独自の上乗せ給付(プラスアルファ給付)を行うことにより、従業員により手厚い老後保障を行うことを目的として、昭和41年に発足しました。

企業年金連合会の概略
  連合会は、昭和42年に厚生年金保険法に基づき厚生年金基金の連合体として設立され、平成16年の法律改正により企業年金連合会となりました。
  厚生年金基金を短期間(通常10年未満)で脱退した人(中途脱退者)等に対する年金給付を一元的に行い、厚生年金基金・確定給付企業年金・確定拠出年金といった企業年金間の年金通算事業を行っています。
  また、その年金給付を行うための原資となる保有資産の安全かつ効率的な運用を行っています。
年金記録問題への対策の進捗状況
年金記録問題のこれまでの取組と今後の道筋
年金記録問題についての今後の対応に関する工程表
年金記録に対する信頼の回復と新たな年金記録管理体制の確立について
年金記録適正化実施工程表
年金記録への新対応策パッケージ
年金記録問題への新対応策の進め方
「ねんきん特別便」について
年金記録管理のこれまでの経緯
年金手帳の変遷等に係る資料
年金制度・被保険者証等の変遷
年金記録問題について
年金記録の事務処理について

日本の年金制度解説

日本の年金制度は3階建てになっています。

原則として、20歳以上60歳未満の日本に居住するすべての国民は、国民年金に義務として加入し、資格期間が25年以上ある人が65歳になった時に1階部分として老齢基礎年金を受給できます。
サラリーマンや公務員等には、厚生年金や共済年金に企業や組織が義務として加入します。1階部分の老齢基礎年金に加えて2階部分の老齢厚生年金や退職共済年金を受給できます。
このほか、任意選択として個人では国民年金基金や確定拠出年金に、企業では企業年金に任意に加入して掛金を拠出し、老後に給付することができます。
また、障害者になった場合には障害年金が、死亡した場合には遺族年金が受給できます。
1階部分(公的年金) 最低限の保障を行う国民年金(基礎年金、老齢基礎年金)(保険料は定額)
2階部分(公的年金) 現役時代の収入に比例した年金を支給する厚生年金、共済年金(保険料は収入の一定割合)
3階部分(私的年金) 企業年金(厚生年金基金、確定給付年金等)、確定拠出年金(企業型、個人型)、国民年金基金(国民年金に2階部分に当たる公的年金が存在しない為、本基金を「2階部分」に分類する場合があります)
ページに記載した情報やリンク先の情報で、万一何らかの不利益をもたらす様なことがございましても、当サイトは一切責任を負いかねます。 最終的なご判断はご自身の判断によって行われます様お願い申し上げます。