暮らしの道しるべ
 

4疾病


がん、脳卒中、急性心筋梗塞、糖尿病
4疾病5事業医療体制
4疾病5事業医療体制
国立がんセンター
国立がんセンター
たばことがん
たばことがん
ガン患者の集い
ガン患者の集い
脳卒中ネット■
脳卒中ネット
平成19年に施行された改正医療法により、医療計画制度の下で、いわゆる4疾病5事業ごとに、医療連携体制を構築することとなりました。
平成20年4月を目途に、疾病又は事業ごとに、必要となる医療機能を明らかにした上で、各医療機能を担う医療機関等の名称や数値目標が記載される新しい医療計画が作成されることになります。
4疾病5事業ごとの医療連携体制の構築は、これからの日本の医療提供システムにとって、大変重要なことです。
そのため、日本医師会の考え方と、医療連携体制の構築に当っての留意点をまとめました。
各種のがんについて、がんが疑われたときから治療後の生活に至るまで、その時点で必要と思われる情報を載せています。 がん対策情報センターで発行している冊子をご紹介します。
101.胃がん 102.食道がん 103.大腸がん 104.肝細胞がん 105.膵臓がん
106.胆のうがん 111.髄膜腫 112.聴神経鞘腫 113.喉頭がん 114.舌がん
121.中皮腫 122.胸腺腫と胸腺がん 123.肺がん 131.悪性リンパ腫 132.多発性骨髄腫 133.慢性骨髄性白血病 141.子宮頸がん 142.卵巣がん 151.腎盂尿管がん 152.腎細胞がん 153.前立腺がん 154.膀胱がん 161.悪性黒色腫 162.乳房外パジェット病 163.悪性線維性組織球腫
がんと喫煙にはどんな関係があるのでしょうか。
たばこは「吸っている個人だけの問題」ではないのです。
「やめたいけど、やめられない・・・」そんな人のための禁煙法も紹介します。
たばこの煙に含まれる有害な化学物質は200種類を超えており、この中には発がん物質も多種類含まれています。たばこの発がん物質は主にタールに含まれ、これが細胞の遺伝子に傷をつけます。この傷は通常、体の中の働きによってすぐに修復されるのですが、その働きには個人差があって、修復がうまくいかない場合もあります。
このようにして細胞のがん化が起こります
がん治療(癌治療)の不安・悩みを克服
日本のがん治療(癌治療)に足りない情報を提供することが当サイトの役割です。我々は癌宣告を受けてがん治療(癌治療)に関する様々な悩みを抱える患者さんやそのご家族、ご友人の心の支えとなるべく、いわゆる三大療法やそれらを補完する免疫療法をはじめとした様々な代替療法について解説するとともに、日々、癌やがん治療(癌治療)と向き合う方々同士の情報交換の場をご提供します。
脳卒中とは、脳に酸素や栄養を送っている脳の血管が破けたり(脳内出血)、詰まったり(脳梗塞)して、血液が脳の先まで行かない状態や脳血管の一部が壊死する障害で、脳の働きに支障を生じることによって起こる脳血管障害です。急に手足の麻痺やしびれ,あるいは意識障害などの症状が出た状態をいいます。 昭和40年代から死亡率は下がってきましたが、現在も国内の死亡原因は、ガン、心臓病に次いで3位となっています。死亡率は下がってきましたが、患者数はむしろ増加しています。脳卒中で一度倒れると、後遺症が残り、生活が困難となりリハビリの重要性が高まってきております。
脳卒中ホームページ
脳卒中ホームページ
急性心筋梗塞治療の最前線
急性心筋梗塞治療の最前線
急性心筋梗塞
急性心筋梗塞
糖尿病パンフレット
糖尿病パンフレット
糖尿病ホームページ
糖尿病ホームページ
そもそも脳卒中っていうのは、どういう病気なんだい?
脳卒中は、脳の血管がつまったり、破れたりして、その先の細胞に栄養が届かなくなって、細胞が死んでしまう病気だよ。 そうすると、どうなるの?
急に倒れて意識がなくなったり、半身のマヒが起きたり、ろれつが回らなくなったりする発作が起きるんだ。
それは、突然起こるの?
一時的な半身のマヒや手足のしびれ、ものが二重に見える、ちょっとの間、言葉が出てこなくなったりといった前触れが先に起きていることもある。これは脳の血管が一時的に詰まるために起こるもので、これに気づくと大きな発作の前に治療をすることもできるんだよ。でも気づかないことも少なくないんだ。
 急性心筋梗塞は、心臓に栄養と酸素を補給している冠動脈が急に詰まり、血流がその先に流れないことから、心臓の一部の筋肉が死んでしまう(壊死)病気で、急死することもあります。症状としては30分以上続く胸痛です。同じ胸痛でも狭心症の場合は5〜15分くらいで、胸痛の持続時間が急性心筋梗塞の重要な目安になります。
  心臓の筋肉には再生能力がないため、急性心筋梗塞の第一の治療は、詰まった冠動脈を再び開通させて(再灌流療法)壊死を最小限にとどめることにあります。再開通は早ければ早いほどよく、急性心筋梗塞の治療のゴールデンタイム(ダメージを少なくすることができる時間)は六時間といわれています。
 ( 急性心筋梗塞)
急性心筋梗塞とは何ですか?
急性心筋梗塞で閉塞をおこすのは冠状動脈のどの部分ですか?
急性心筋梗塞の症状はどのようなものですか?
急性心筋梗塞の合併症にはどのようなものがみられますか?
急性心筋梗塞の危険因子にはどのようなものがありますか?
急性心筋梗塞の診断をするためにはどのような検査を行いますか?
急性心筋梗塞の治療はどのようにするのですか?
急性心筋梗塞の心臓発作後の心臓リハビリテーションはいつから行いますか?
現在、糖尿病人口は 1、300万人を越えると推計されています。この数字は人口すべての10%をこえているのです。しかも困ったことに、その半分以上は治療を受けていないのです。
  その理由は、検診で血糖値が高く、糖尿病を強く疑われる状態でも、自覚症状があまりない病気のため、治療を受けないことがどうしても多くなりがちになるからです。
  しかし症状が出なくても、糖尿病は徐々に進行し、恐ろしい合併症をひきおこします。
  糖尿病の本当の怖さは、この合併症なのです。
  糖尿病は一度なってしまうと、治すことはできません。

はじめに、血糖について説明しないとね。食べものや飲みものを消化して作られる、ブドウ糖というものを知っているかい?   ブドウ糖?   それ、なあに?
からだを動かすエネルギー源となるものだよ。血液の流れに乗ってからだの細胞に運ばれて、筋肉や臓器で使われるんだ。血糖値というのは、血液中にそのブドウ糖がどのくらいあるかを示すものだね。
それがどう糖尿病と関係あるんだ?
糖尿病になると、ブドウ糖がエネルギーを必要としている細胞の中に運ばれなくなって、血液のなかにあふれてしまうんだ。   どうして?   インスリンというホルモンが足りなくなったり、うまく細胞に作用しなくなってしまうからだよ。

4疾病(よんしっぺい)とは

平成19年に施行された改正医療法により、医療計画制度の下で4疾病5事業ごとに、医療連携体制を構築することとなりました。
4疾病とは、がん、脳卒中、急性心筋梗塞、糖尿病です。
5事業とは、救急医療、災害時における医療、へき地の医療、周産期医療、小児救急医療を含む小児医療、その他です。
4疾病5事業を担う医療機関は都道府県ごとに医療機関名が公表されます。
都道府県が作成した計画は、住民や患者さんが医療機関を選ぶことができるよう、インターネットや冊子を通じて公表されます。

ページに記載した情報やリンク先の情報で、万一何らかの不利益をもたらす様なことがございましても、当サイトは一切責任を負いかねます。 最終的なご判断はご自身の判断によって行われます様お願い申し上げます。